こむ。コラム

こむ。の内緒な部屋🌟

こむ。
こむ。
改めまして明けまして・・・個人的には明けてない!

今年の幕開け

中山金杯の本命◎ウインは前走本命だったトリオンフに差され

単勝が散り、その前走長期休み明けで本命だった◎トリオンフはルメールとかいう

外人に差され単勝が散り・・・

こむ。
こむ。
どこまで外人と噛み合わないんや!

上手い事噛み合わなくて本当に申し訳ない結果に・・・

単勝100倍超えを狙えば4着同着争い。

しかしどなたかも言っていた通り、騎手の腕は大事だと・・・

間違いない。

個人的な馬券で大変申し訳ないのですが、1月6日中山ダート2400m

マーフィーがぐりぐり1.5倍の1人気でした。

こむ。はこれ、間違いなく頭じゃないな、そう思って

◎を③トモジャタイクーン【7番人気】にしました、

相手もこのコースの経験値が高い田辺にって思ったら

田辺いねー!宮崎ってなに!

結果は5番人気→◎7番人気のワンツーで10300円の配当⭐

1番人気のマーフィーは3着でした。

これ、何で軽視したかというと・・・ハッキリ言って馬柱も全く見てません。

タイムも見てません。

こんな2400mの砂の長い距離を経験が薄いマーフィーが勝つわけない

これだけ。

特に中山なんてトリッキーな競馬場、仕掛ける所を間違えれば自爆します。

よって経験が豊富な(勝ち負け無視、何度か走った事があるかどうか)

こちらがそのデータ【2017年1月~2019年12月まで】

べーたなお前・・・

なぜ津村にしたかというと、馬自身もこの距離の経験と実績があったから。

長い距離や特殊な距離は間違いなく経験です。

だから宮崎ってなによ!?

置いといて・・・

いわゆる短距離1200mや1400mくらいまではハッキリ言って展開次第で

世間一般で言われる下手くそな騎手でもどうにかなるものです。

スプリントなのに上級クラスになると大マクリが決まったりするのは

やっぱり騎手の腕があるからだ、と思う訳です。

前に行かなければ!→ペース配分ミスって脚がない

そこを読み切ってコースも得意で差し切る、こんなことは上級クラスでなければほぼない。

何が言いたいかというと

田中健、お前本当に許さんからな。

それと・・・多分気付いていらっしゃる方は多々いると思います・・・

こむ。は・・・

ダート>>>>>>

つまり、砂の方が得意。笑

うすうす気付いていたけれど、先日のシュウジといい、みやこSのキングズガードといい

芝が苦手という事を認めたくなかったのです、が

数字としてハッキリとそれが出ていた、もう認めるしかないのです。

つまり・・・

平場は砂に徹します!!

芝はやはり早い馬が勝つ!砂は強い馬が勝つ!

早い馬、嫌いなんだよな・・・

ドッスンドッスン走る馬が好きなんだよあたしは・・・

ドッスンからのビューン!!が好きなんだよあたしは・・・

砂の重賞はとっても少ないから悲しいけど、芝の重賞もつけいる隙があると判断した場合

穴狙いに徹するけど、つけいる隙がないと判断した場合、放棄します!笑

という訳で、ここまで読んでくれてありがとう。

おまけ

このコンテンツは会員コンテンツです。続き読むにはログインが必要です。
会員の方はコチラからが必要です。
会員でない方は、会員についてをご覧ください
カテゴリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です