今週の重賞

安田記念【2強】アーモンドアイ・ダノンプレミアムの考察🌟

こむ。
こむ。
いよいよ今週はメンバー超豪華!安田記念でふ!
今回は・・・
2強と言われてるアーモンドアイとダノンプレミアムの考察です、どん!

アーモンドアイの考察

牝馬最強、文句なし!👍

G16勝目の大手がかかっており、陣営も負けるレースは使わないと強気🌟

こむ。
こむ。
ですが?重箱の隅をつんつんすると・・・
気になる点
・スタートが悪い(出遅れ癖)
・マイルの持ち時計が遅い
・マイルの上り時計が遅い
・ルメール自身も2000mが良いと言っていた点
・海外帰りのぶっつけ

もはやお約束でもある超高速馬場

こむ。はこれが鍵だと思ってます。

昨年の勝ち馬モズアスコットは1600mの持ち時計で2番目だった。

ちなみに昨年も超高速馬場。

ここで、まずアーモンドアイの時計はかなり↓の方だという事。

そして逃げ馬は基本的に不振で、基本的に好位から差してくる馬に分がある。

超高速馬場で更に早い上り、となると

ダノンプレミアムは32秒台の脚を持っている。

アーモンドアイはマイルで上り33.2秒。

普通に考えたら全然足りるのだけど

インディチャンプ 32.1

ケイアイノーテック 32.1

ダノンプレミアム 32.2

京都での上り時計なので坂で加速したのを加味しても時計比較するとどうなの?と。

超高速馬場なら、1400mでの好走歴がある馬に分があると思う。

ましてや海外帰りとなる、初の56kg

そして、普通であれば他馬がダノンプレミアムを潰しに行くと思うので

やはり時計は速くなると思う。

そしてアーモンドアイはゲートが下手くそである。

マイルでの出遅れは致命傷で、ましてや高速馬場なら尚の事。

こむ。
こむ。
これでぶっちぎられたら諦めまふ。笑

ダノンプレミアムの考察

ザ・マイラーだと思ってまふ。笑

気になる点
・楽な競馬しかしてない
・徹底マークされそう

こむ。的にダノンプレミアムは楽な競馬しかして来てない気がするのです。

前走も中盤緩んでのスローからのなだれ込み。

今回アエロリットやグァンチャーレといった引っ張る馬がいて

更には後ろからもマークされそうな展開。

マイルの時計こそ超優秀だけど、今までのようにうまく行くかどうか。

そして(データ否定派さんにはイラつくだろうけど)

前走マイラーズカップからの勝ち馬は・・・0

安田記念過去10年で【0-1-6-35】という散々たる結果。

何でか・・・

マイラーズカップと安田記念ではレースの性質がまるで違うから。

安田記念は基本的に非常に厳しいレースになるという事。

昨年のモズアスコットはマイラーズカップで2着だったが

その時は1分31秒3のレコードだったという事。

よって、あんまり買いたくない馬でふ。笑

むしろマイラーズカップで敗けた馬が飛び込んで来る可能性の方が大きい。

こむ。
こむ。
簡単ですがこんな感じ。何か楽しくなってきた。笑